母昇天による学び

2011.01.19


私は、今回の母の死という形の「大いなる計画」によって、
多くのものを受け取りました。

現存する社会通念からすると、「死」は忌み嫌うもの、永遠の別れ

であるとされていますが、

私は母からそれらを超越した感覚を教えられました。


病床の母を目の前にしている時、そして今も、私は愛と歓びに満ち溢れています!


実は、母のハイアーセルフが、病気が判明した時、私に伝えてきました。


私は、あなた方が生と死についての学びが出来るように私は計画しています。


今、この時である必要があったのです!
私はこの病気によって、すべてのバランスを取ります。


どんな現実が目の前に現れようと、全ては歓び、愛なのです。


この宇宙には、愛しか存在しないのです!


肉体を離れたほうが、アセンションに貢献しやすい場合もあるのです!

あなたなら、わかるでしょう?


私は全てを受け入れています。

あなたも全てを歓びで受け入れて下さい!


そして、奇跡を起こしましょうね!


と・・・
 
--------
私(菊香)個人的には、


地球のエネルギーが上がるのとは逆に、
彼女の肉体的エネルギーが下がっていくことを目の当たりにしました。


そして、わたしはとても深い部分で彼女の死を覚悟していきました。


今この時(アセンション)から、時間を逆戻りして
すべての過去の出来事が計画されていたのだと感じます!


これまでの社会システムの中では、肉体に限界があるからこそ
人々は成長することができたのだという体験ができました。


今回(最期)の大いなる母の計画と、深く大きな愛からの学びの一つです。



母が旅立つ直前に、彼女の魂から家族のサポートを頼まれました。


母の昇天後、家族の絆が深まり、深い部分でしっかりと結ばれました!
家族が急激に変容しました!


彼女の天晴れな旅立ちに万歳!です。



コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック