恐れ

 
NMCAAに参加して間もない、7月の出来事です
  


相手が言った(大した内容ではない)言葉に対して、 私は、怒り(エネルギー)を感じました。 私は、その怒りに敏感に反応し、 私の中に恐怖が湧き上がってきました。 一人になってから心に 「相手の怒りは、私が作り出したものではないのか?」 という思いが上がってきました。 ハイアーセルフに 「この出来事からの教え、学べることを、私にわかるように 明確に教えて下さい」と告げ、 ノートを前に内側に上がってくるものを書きました。 下記はその内容です。 ------ そう言えば・・・ 今日の午後、少し、恐怖が顔をのぞかせた。 しかし、その時は、その恐怖心を無視していた。 (日常的に無意識でやっていること(-_-;)) この無視した恐怖心が、先ほどの相手の言葉(怒り)となり、 現実を作り出したことに気付いた。 そして、わたしのことを、いつも 高次が動き守られているということを、 信じきれていなかったことに気づく・・・ ごめんなさい 私は、アセンション・ライトワーカーとして働きます。 私は、それを決めて来たのだから・・・ この三次元(地上セルフ)の私も、やっとそれに同意して歩み出しました。 ---------- 私の一歩は、 これまでアセンションライトワーカーとして、 アセンションに貢献して来てくださった方々の愛のエネルギーのおかげである 全てはつながっている。私は、一人ではない 私が今ここに在ることは、宇宙のはじまりから積み重ねられた営みの上にある 今生、私が生まれ、過ごした歳月など、 宇宙創造以来の悠久の時の流れの中では、 なんと、ちっぽけなものなのか… いや、宇宙創造の時も、そして、今この時も、同時に存在する なんの違いもないのだ! だとすると、私は何を恐れているのか? 何を憂いているのか? 全ては、今ここに存在し、今この時しかないのだ ---- おまえは、何か困ったことがあった時しか、私に声をかけてこない 私は、いつもここに居て、おまえに愛を送り続けている おまえが、喜びや愛に満ち溢れている時にも しかし、おまえは、そんな時には、私に声をかけようとはしたいな 私が今ここに居て、おまえと喜びをわかち合ってあるということには、 全く気づいていないようだ それでは、フルコンシャスには、程遠いぞ 愛や喜びを感じている時、ハートの扉は開かれている 恐怖を感じている時、それは、ハートの扉をおまえが閉ざしている時だ 何をする時も、私と共に在り、私に意識を向けていれば、 恐怖など体験することなどは無い 恐怖が存在する時 それは、おまえがハートの扉を閉ざし、 自分の力で何かを行おうとした結果である 恐怖心は、とてもよい警告音である この警告音が鳴れば、ハートの扉を開けばいい。  ただ、それだけだ 恐怖というものは、決しておまえ達を支配するものではなく、 おまえ達が、ハートの扉を閉ざしているということを 告げるお知らせであり、ありがたい存在である 恐怖が湧き起こった時に、 飲み込まれることなく、決して無視するのでもなく、 ただハートの扉を開き、私達の愛を受けとればいいのだ これからは、ハートの扉を開き、 いつも私達といることを意識して時を過ごすように… おまえが、しっかりとこのお知らせに気づいてくれたことに感謝するぞ おまえが両手を広げて愛を受け取る準備ができていなければ、 私達のこの愛に満ちたお知らせも、 これまでのように見落とされるところであった しかし、今回はおまえが小さな警告音をしっかり聞き届け、 ハートの扉を開いてくれたおかげで、こうしておまえに伝えることができた 私達は、愛と喜びしか与えていない ハートの扉を開けば、全ての出来事が 愛と喜びに変換される 「プレゼントの入っている箱がどんなものであっても、中身は、愛とである」 ということである これまで、おまえは プレゼントの箱(出来事)の部分だけを見て、 箱に腹を立てたり、嘆き悲しんだりして、怖がったりして、 中身(愛)を確認しないまま、ゴミ箱に捨てていたのだ。 それは、なんと滑稽なことか… 私達は、愛と喜びしか与えていないのだから… ------ ハイアーセルフを通じて、気付きをいただきました。 愛と光のキラキラシャワー .:*:.菊香.:*:.

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック